<ざっくり言うと>
  • 「64万人中46万無職」はデマ。
  • 現在在日コリアンは全体で44万人しかいない。
  • 「無職」には0歳児や100歳のお年寄りや専業主婦も含んでおり、無職率73%はおかしな数字ではない。
(スポンサードリンク)

未だにネット上でバラまかれているこのデマチラシについて解説します。今回は、「在日64万人中46万人無職」について説明します。

10431ef1

在日コリアン全体で44万人しかいない


まず、2020年現在、在日韓国朝鮮人は、永住者以外を含めても44万6000人しかいません(法務省HP参照)。この時点で「46万人が無職」という数字をおかしいと思ってもらいたいものです。このチラシを拡散している人たちは、在日コリアンが何人いるかも知らないのでしょう。彼らが実際の在日コリアンについて何も調べず、ネットで形成されたイメージを鵜呑みにしているだけだと分かります。



「無職」は0歳児も専業主婦も100歳のお年寄りも含む


では、46万人無職という数字の元ネタはなんなのでしょう。これは、民団のHPに1999年の就職状況の情報が載っていて、それがもとになっています。

2020y05m25d_094729397

たしかに総数636,548人中、無職462,611人と書いてあります。在日コリアンは果たして本当に働かない怠惰な人たちなのでしょうか?


もちろん違います。この表をよく見てみましょう。職業の内訳に、「学生」も「パート・アルバイト」もないことが分かります。この無職46万という数字は、0歳児の赤ん坊も、学生も、専業主婦も、100歳のお年寄りも、全て「無職」として数えた数字なのです。「パート・アルバイト」も無職扱いであるがために、女性33万人中29万人が無職なんて数字が出てしまっているのです。


63万人中46万人無職(73%)というと高い数字に見えますが、例えばサザエさん一家は7人中無職が5人なので、無職率71%です。波平が定年を迎えれば85%になります。

2020y05m25d_095915688

『あさりちゃん』の家の無職率は75%です。

2020y05m26d_195058208

『ちびまる子ちゃん』のうちは、6人中5人が無職ですので、無職率83%です。(でも、父ヒロシが働いているシーンは見たことがありませんね(笑))

img_82821_21-800x628

在日コリアンの63万人中46万人無職(73%)というのは、このような計算で出した数字です。両親と子供2人の4人家族で、母親が専業主婦であれば、無職率は75%です。63万人中46万人無職は全然異常な数字ではないのです。


この「46万人無職=在日の生活保護受給者数46万人」と思っている人がいますが、もちろんそんなことはありません。世帯内に何人無職がいようが、世帯収入が十分であれば生活保護にはなりませんからね。家族6人中5人無職のさくら家も、生活保護家庭じゃないでしょ。


実際の韓国朝鮮人の生活保護人員数は35,546人です(平成30年(2018年))。46万人の10分の1にもなりませんね。ちなみに、日本人を含んだ全被保護人員数は2,068,958人ですので、在日韓国朝鮮人の生活保護受給者数は、日本全体の1.7%にしかなりません。


次回は、「朝鮮人の生活保護費に2兆3000億円」がデマであるということを取り上げます。



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ