<ざっくり言うと>
  • 日本以外の全ての国が夫婦別姓、もしくは夫婦同姓別姓を選択できる。
  • 安倍晋三は「夫婦別姓は左翼的・共産主義」と批判しているが、もしもそれが事実ならば、日本以外の全ての国が左翼的で共産主義国となってしまい、事実に反する。
  • 日本会議などは「夫婦別姓で家族の絆がズタズタになる」と主張しているが、もしそうならば日本以外の全世界で家族の絆がズタズタになっているはずであり、事実に反する。
  • 夫婦別姓が認められても、同姓がいいという人には何ら影響はなく、反対する理由がそもそも存在しない。
(スポンサードリンク)

さて、前回まで「夫婦別姓は朝鮮式」などが嘘であることを紹介してきました。今回は、「夫婦別姓で家族が壊れる」などの主張を見てみましょう。

安倍晋三「夫婦別姓は共産主義。左翼のドグマ」←デマ


なんと、現在の総理大臣である安倍晋三は、かつてこんな発言をしていました。
「夫婦別姓は家族の解体を意味します。家族の解体が最終目標であって、家族から解放されなければ人間として自由になれないという、左翼的かつ共産主義のドグマ(教義)。これは日教組が教育現場で実行していることです。」(安倍晋三、『WiLL』2010年7月号)
彼によると、夫婦別姓とは家族の解体を意味し、左翼的かつ共産主義のドグマなんだそうです。驚きですね。


もちろんデマであり、前回記事で紹介した通り、夫婦同姓を定めているのは世界で日本だけです。

 

結婚後も苗字が変わらないのは、韓国の他に、マレーシア、インドネシア、ベトナム、カンボジア、ケベック州(カナダ)、ベルギーなどがあります。あとは同姓か別姓か選択したり、複合姓にしたりできます。


少なくとも、夫婦同姓と決めているのは世界中で日本だけですので、もしも安倍晋三の言う通り夫婦別姓が「左翼的かつ共産主義のドグマ」であるのならば、日本以外の全世界が左翼であり共産主義ということになってしまいます。もう、めちゃくちゃですね。



「夫婦別姓で家族が壊れる」という傲慢さ


安倍晋三をはじめ、夫婦別姓に反対している人たちは、「夫婦別姓にすると家族が壊れる」と主張しています。自民党の下村博文は、2010年の日本会議の大会で、夫婦別姓が可能になったら「夫婦の絆、それ以上に親子の絆がずたずたになってしまう」などと発言しています。(しかも、この時下村は子供手当や高校無償化も批判している!)

 

しかし、この主張も何の根拠もないものです。夫婦別姓が可能になることで家族の絆、夫婦の絆、親子の絆がズタズタになるのであれば、前述のとおり、日本以外の全世界で夫婦別姓が可能であるため、日本以外の全世界で家族の絆、夫婦の絆、親子の絆がズタズタになっていなければなりません。もちろん、そんな事実は存在しません。


日本人でも、国際結婚では夫婦別姓のことが多いですが、彼らの夫婦の絆や親子の絆はズタズタになっているのでしょうか?


例えば、ラグビーW杯で活躍した松島幸太朗選手の父親はジンバブエ人で名前をロドリック・ンゴロと言うのですが、松島選手とロドリックさんの絆は苗字ごときでズタズタになっていたとでも言うのでしょうか?

 

大坂なおみ選手の父親はレオナルド・フランソワであって、「大坂」じゃないんですが、大坂選手と父レオナルド・フランソワ氏の絆はズタズタになっているのでしょうか? 大坂選手の一家は苗字のせいで崩壊しているとでも言うのでしょうか?

 

「苗字が違うと親子の絆がずたずたになってしまう」と言ってる人たちは、実際に苗字が違う親子に対して、「お前たち親子の絆はずたずたなんだぞ」と言っているに等しく、本当に失礼な話です。


姓が違うと夫婦の絆や親子の絆がズタズタになるとか家族が崩壊するとか子供が不幸になるとか言う人たちは、「これが幸せなんだ」「こうしなければお前らは不幸になるぞ」と決めつけているに等しいです。なんと傲慢なことでしょうか。


日本以外の全ての国で夫婦別姓が可能なのですから、選択的夫婦別姓によって家族の絆がズタズタになるなどという事実が存在しないことは明らかです。


何度も言っている通り、夫婦同姓を定めているのは世界中で日本だけです。朝鮮式でもなければ、選択的夫婦別姓によって家族の絆が壊れるなんて事実がないことも明らかです。


夫婦同姓がいいという人は同姓を選択すればよく、結婚前の姓を維持したい人が維持すればよいだけです。夫婦同姓を求める人には何の影響もありません。


同性婚などもそうですが、同性婚や夫婦別姓が認められても、ほとんどの人には何の関係もありません。喜ぶ人が、ほんの少し増えるだけで、求めていない人たちには何の害悪も及ぼしません。


同姓婚にしろ、夫婦別姓にしろ、そもそも反対する理由自体が存在しないと言うべきでしょう。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ